教育実習の準備をしてない人必見!準備したほうが良いこと5つ紹介します

スポンサーリンク
教育

教育実習を控えてる大学生の中には失敗したらどうしよう?高校生の前で上手く話せるのか?授業をうまくできるか?

など不安な気持ちになっている人が多いと思います。

また、何を準備していけばよいのか分からない人もいるでしょう。

そこで今回は、教育自習を成功させるためにこれだけは準備しておいたほうがいいということを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

教育実習までに準備しておいたほうが良いこと

教育自習までに準備したほうが良いと思うことは以下の5つです。

  1. 自己紹介のネタを考えておく
  2. 授業の準備をしておく
  3. 指導案の下書きを作っておく
  4. 人前で話すことに慣れておく
  5. 必要な物を準備しておく

今からこの5つを紹介していきたいと思います。

自己紹介のネタを考えておく

学校にもよるとは思いますが、教育実習では自己紹介を行う機会がたくさんあります。

例えば、職員朝礼全校集会担任を受け持つクラス授業を行うクラスなど様々な場所が挙げられます。

私の場合は、上記の他にも、参加した部活動や授業見学を行ったほとんどのクラスで自己紹介を行いました。

教育実習では自己紹介の機会がたくさんあるので、いくつかネタを準備しておいたほうがいいでしょう!

しかし、自己紹介の場はたくさんありますが、すべての場所で同じものではなく、それぞれの場所に応じた自己紹介をしなければなりません。

職員室と教室でする自己紹介は全く別のにしたほうが良いことは想像できると思います。

職員室では短く簡潔に、生徒の前では興味を持ってもらえるような小ネタを考えておくなどそれぞれの場所を想定して自己紹介のネタを準備しておきましょう

授業の準備をしておく

授業の準備には、ワークシート板書計画教材研究などたくさんのことがあります。

教育実習中は本当に時間がないので、準備できることは実習が始まる前に最大限やってきておいたほうが良いでしょう。

私自身、特に何も準備をしていかなかったため、かなり地獄でした。。。

あらかじめ担当教諭と話し合い、大まかでも良いので授業範囲を決めて準備しておくことをおススメします!

また、授業計画や内容を変更する可能性もあるので、参考資料はできるだけ多く準備しておいたほうが良いです。

大学で配布された資料、自分や他の学生が模擬授業で使用した資料、図書館の本などを参考資料として持参すると授業の準備をスムーズに進めることができます!

実習校の先生方にアドバイスをいただくことは良いことなのですが、先生方も忙しいので何度も質問をすることは控えましょう。

指導案の下書きを作っておく

教育実習では必ず指導案を書くことになります。

私の場合は研究授業の一枚だけでしたが、学校によっては、実習中に行うすべての授業で指導案を書くことになる場合もあるそうです。

教育実習中は時間がいくらあっても足りないくらいですし、指導案を1から作ろうとするとかなり時間を消費してしまいます。

下書きを書いておくことによって他のことに時間を使うことができますし、無駄な時間を削減することができるので、本当に大まかな下書き程度でもいいので書いておくことをおススメします

大学で自分や周りの学生が作った指導や、ネット上に載っている指導案のテンプレートなどを参考にしてみるとスムーズに準備をすることができると思います。

しかし、あくまでも参考なので、すべて同じ内容にするなどの行為は絶対にやめましょう。




人前で話すことに慣れておく

教員は人前で話す職業なので、教育実習の前に人前で話すことに慣れておく必要があります。

ただ話しをするのではなく、生徒のことを常に気にかけながら授業などを行っていくことになるので、最初のほうはかなり大変です。

しかし、いきなり大勢の人の前で上手く話せる人なんていません。

話の長い校長先生や、ベテランの先生方も、はじめは人前で話すことに緊張したり上手く話すことができなかったはずです。

たくさんの経験を積むことによって、長く話すことや上手く話すことができるようになったのです。

実習生がベテランの先生方のようなレベルに達することは厳しいとは思いますが、ある程度は人前で話すことができないといけません。

はじめは緊張するとは思いますが、大学等の授業で積極的に発表や発言を行い、人前で話すことに慣れておくことをおススメします。

完璧に話そうとすると不安や緊張するので、噛むことや間違うことがあっても、堂々とハキハキと話すように心がけましょう!

必要な物を準備しておく

教育実習中に必ず準備しておいたほうが良い物、準備しておいたほうが便利なものを紹介していきたいと思います。

【必ず準備が必要な物】

筆記用具

・教科書、問題集

・上履き、外履き

・パソコン

メモ帳

・腕時

準備しておくと便利な物】

・バインダー

・スタンプ

・運動着

スーツの替え

・大学で配布された資料

・Wi-Fi

この12個のものが、必ず準備しておいたほうが良い物と準備しておくと便利な物です。

とりあえずこの12個のものを準備しておけば間違いないでしょう。

まとめ

以上が教育自習までに準備をしておいたほうが良いことです。

この5つのことを準備しておくことによって実習生活が格段に良いものになります。

準備はできるだけ早めに行うことを心がけてください。

教育実習は本当に大変ですが、万全な準備を行い、実習生らしく明るく元気に頑張ってください!

コメント

  1. SEO Services より:

    Awesome post! Keep up the great work! 🙂

タイトルとURLをコピーしました