国語をなぜ勉強するのか?その理由と身につく能力を4つ解説します

スポンサーリンク
教育

「日本人なのになんで国語を勉強しないといけないの?」

「国語を勉強しても将来役立たない」

「国語の授業を受けても意味がない」

などと思っている人たくさんいますよね。

そんな人達のために、国語を勉強する理由や身につく力について分かりやすく説明していこうと思います。

スポンサーリンク

国語を勉強する理由とは

国語の授業では、現代文、古文、漢文、国語表現などを勉強します。

「難しい」、「楽しくない」、「眠くなる」、「覚えることが多くて大変」などが正直な感想だと思います。

正直私も、中学生や高校生の頃は国語の授業を受けることは無意味だと思っていたので、居眠りばかりしていました。

しかし、国語の授業は、生きていくために必要な資質や能力を育てていくために重要な教科なのです。

国語を学ぶことによって身につく能力とは

国語を学ぶことによって以下の4つの能力を育てることができます。

・話す能力

・聞く能力

・書く能力

・読む能力

どれも生きていくために必要だということが想像できると思います。

これらの4つの能力について順番に説明していきたいと思います。

国語を学ぶことによって身につく「話す能力」

「話す能力」とは、自分の意見や考えを、場面や目的に応じて、相手に正確に分かりやすく伝えることができる能力のことです。

話すとき、つまり相手に自分の思いを伝えようとしたとき、上手く言葉が出てこないことがありませんか?

このような経験は誰しもがあると思います。

それを防ぐために、「話す能力」が必要になってきます。

国語を学ぶことによって様々な言葉や表現に触れ、語彙力が豊かになり、グループワークや発表など場面に応じて、話し方を工夫することによって、「話す能力」が身についていきます。

また、語彙力が豊かになることは、「コミュニケーション能力の向上」につながります。

語彙力が豊なほうが、様々な言葉や表現を使うことができ、相手が理解しやすくなるからです。

話す能力」は、日常生活においても仕事においても必要となってくるので、身につけておいたほうが良いでしょう。

国語を学ぶことによって身につく「聞く能力」

「聞く能力」とは、相手の言っていることの内容を正確に理解する能力、相手の話にしっかりと耳を傾ける能力のことをいいます。

国語は各教科の中でも発表などが多く、聞き手になる機会も必然的に増えてくるので、「聞く能力」を育てることができます。

また、「聞く能力」は、ビジネスシーンで必要不可欠となってきます。

上司から言われたことを正確に理解し行動することや、長々とした会議の内容をしっかりと聞き取り理解しなければいけませんよね。

「聞く能力」を育てるためにも、普段から正確に聞き取ること、集中して聞くことを意識して授業を受けましょう。

そして、正確に聞き取ることに慣れてきたら、相手が話していることを分析し、自分の意見を伝えてみましょう。

そうすることによって「聞く能力」がさらに向上していきます。

国語を学ぶことによって身につく「書く能力」

「書く能力」とは文字通り、文章を書く能力のことです。

テストや作文で、「○○を○○文字以内で説明しなさい」、「○○の内容を踏まえ自分の意見を書きなさい」などの問題をよく見ると思います。

このような設問を解くことによって、「相手が理解できるように内容をまとめて書く能力」や「自分の考えや意見を正確に文章にする能力」、「形式や書式に従った文章を書く能力」が身に付きます。

テストや作文だけではなく、社会に出てからも必要となってくる能力なので、必ず身につける必要があります。

「書く能力」はすぐに身につくものではなく、一定の訓練をしなくてはいけません。

国語の授業は、「書く能力」を身につける訓練を行うチャンスなので、最初は難しいかもしれませんが諦めずに頑張りましょう。




国語を学ぶことによって身につく「読む能力」

「読む能力」とは、文章の内容を正確に読み取ることができる能力のことです。

大人になると、様々な資料を読み、その内容を正確に理解しなくてはならない機会が増えてきます。

また、現代では、インターネットが普及し、様々な情報が飛び交っており、その中には嘘の情報や、質の低い情報のなども存在しています。

インターネット上で、詐欺や悪徳商法に引っかかってしまう人も少なくありません。

それらのためにも「読む能力」が必要になってきます。

最近では読書をする子供が少なくなってきており、「読む能力」が低い子供がたくさん見受けられます。

せめて国語の授業の中だけでも、教科書や小説など様々な文章を読み取る訓練を行い、「読む能力」を養っておきましょう。

まとめ

以上4つの能力が国語を勉強することによって身につけることのできる能力です。

説明を見て分かる通り、すべての能力が社会で生きていくうえで必要となっていきます。

これらの能力を育てていくためにも、国語を勉強するはとても大切なことなのです。

今後の人生をより良いものにしていくために、国語の授業をしっかりと受けておきましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました